Posted on

巫リナ淫靡譚

巫リナ淫靡譚

1011


〇作品紹介
神社の家の娘である及川理奈は、今日も巫女として家を手伝っていた。
繰り返す日々、平和な日常。
しかし突如として現れた異形"依鬼"により、彼女の日常は変化を余儀なくされる。
依鬼を野放しにすれば…多くの人が傷つく。
理奈は自分の身を守る為ではなく、正義のために"巫装乙女"として戦う事を決意した。
幾度となく挫けそうになっても…

■第1章 巨大電気触手編
妖狐の力を借り「巫装乙女(ぶそうおとめ)ルナール・リナ」に変身した理奈は、
襲いかかる依鬼を迎え撃つ。
現れたのは巨大な触手の怪物だった。
自在に動く触手に動きを封じられた上に、浴びせられる強烈な電撃。
意識を失いかけるリナの体を、電気触手が這い回る……

■第2章 妖蟲編
理奈の危機に駆けつけたのは…同じ巫装乙女である、立花皐月だった。
二人は巫装乙女として共に依鬼と戦う事を約束する。
そんな折、彼女達の前に現れた新たな敵は…蟲型の依鬼だった。
うぞうぞ…と体を這い回る感触、卵を産み付けられる恐怖。
蟲という苦難が巫装乙女を襲う…。

■第3章 獣の依鬼編
街の平和を脅かす依鬼と戦う、巫装乙女である理奈と皐月。
今度の敵は…獣型。
力強い獣の力を前に、女としての本能が揺さぶられてしまう…!?
絶対に敗けない。
そう誓う巫装乙女たちだが、だんだんと獣に追いやられていき・・・


〇キャラクター
●及川 理奈 (CV:奥山歩)
心優しき女子学生。
ご町内でも有名なよく出来た子。
彼女の通っている学園では密かにファンクラブもあるらしい。
実家が神社でそこで巫女として手伝いをしている。
神社で祀っていたお狐さま(妖狐)の力を借り、「巫装乙女(ぶそうおとめ)」として戦う事に。

●立花 皐月 (CV:野々村 紗夜)
二人目の「巫装乙女」。
冷静沈着なクールタイプ。
理奈とは同い年だが、お姉さんっぽい雰囲気を漂わせている。
精神年齢は彼女の方が上と言える。
依鬼から人々を守る為ではなく、別の目的があり巫装乙女として戦っているらしいが…。

●妖狐 (CV:朝井こもも)
神社で祀られているお狐さま。
理奈の相棒とも言える存在。
依鬼を退治すべく、理奈に巫装乙女としての力を与えた。
その正体は狐の王らしいが…真偽の程は定かではない。


返回上一页